MacOS X LionにAptanaStudio3をインストール + 日本語化

MacOSXにAptanaStudio3をインストールします。

 

AptanaStudioはEclipseをベースとしたWeb統合開発環境です。

 

EclipseにもAptanaStudioプラグインは用意されていますが、今回はスタンドアローン版のAptanaStudioを使用します。

 

現行のバージョンは3.1.3です。

■ダウンロード、インストール

f:id:satoshun00:20120628033404p:plain

まずはAptanaStudio公式サイトからパッケージをダウンロードしてください。

http://www.aptana.com/

ダウンロードが完了したらパッケージを展開し、ドラッグ&ドロップでインストールは完了です。

 

■AptanaStudioを日本語化

日本語化にはEclipse Pleiadesの日本語化パッケージを利用します。

http://mergedoc.sourceforge.jp/

・上記URLページ内の「Pleiades 本体ダウンロード」から安定版zipをダウンロードします。(現行のバージョンは1.3.4でした)

・ダウンロードしたzipを展開し、「features」「plugins」それぞれの中にあるフォルダをアプリケーション>Aptana Studio 3の中にある同名のフォルダ内にコピーします。

・次にファインダーからアプリケーション>Aptana Studio3まで行き、AptanaStudio3.appを右クリックして「パッケージの内容を表示」します。

・Contents>MacOSフォルダ内にあるAptanaStudio3.iniをテキストエディターで開いて以下の文を最後の行に追加します。

-javaagent:/Applications/Aptana Studio 3/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar 

・アプリケーションフォルダからAptanaStudioを起動すると、ワークスペースの場所(作業フォルダ)を訪ねられるので、任意の場所に設定します。

 

※この時、これより前にAptanaStudioをインストールしたことがあると、「Log File」のようなエラーを吐いて起動できないことがあります。

その時はワークスペースの場所を変更するか、ワークスペースと同階層にある「.eclipse」という名前の隠しフォルダを削除してください。

 

正常に起動すればインストールは以上です。